地学部 日々あれこれ

2020年3月19日の日本天文学会ジュニアセッションにて、「木星・土星近赤外分光観測によるメタン吸収帯の検出」のタイトルで、ポスター発表と口頭発表を行う予定でしたが、コロナウィルスの影響で学会そのものが中止となってしまいました。1年間の研究活動の集大成としての発表の場でしたので残念ではありますが、状況が状況だけにやむを得ません。しかし、特別なはからいにより発表実績として認めていただけることとなり、参加証をいただきました。次年度には、さらに研究内容を発展させられるように考えていきたいと思っています。

また、発表予定のポスターおよび講演予稿集については、日本天文学会のホームページ上で公開されていますので、つぎのリンクよりご覧ください。なお、セッション名はセッションB 位置天文・太陽系、講演番号は14です。

http://www.asj.or.jp/jsession/ index.html

http://www.asj.or.jp/jsession/ 2020haru/program.html

 

下が参加証です。