授業における感染防止

授業における感染防止

授業では感染拡大防止の観点から、少人数による話し合い、教え合いなどは可能な限り控えるなど、リスクの高い学習活動を行わないよう留意しています。さらに、特定の教科についてはその教科特有のリスクを避けるよう、教科担当者が授業構成を考えています。理科では、実験は演示や動画の視聴に替える。家庭では、調理実習を実施しない。音楽では、歌唱や管楽器等を使う活動は実施しないなどです。