【校長室だより】第1学期終業式(オンライン))

【校長室だより】1学期終業式(オンライン) 

8月7日(金)1学期終業式を行いました。生徒総会の後に休憩を入れ、引き続き地理室からオンラインで式を実施しました。

 

 

例年の1学期終業式なら、各部活動等の表彰やオーストラリア研修派遣代表生徒あいさつなどを必ず行っていたところですが、コロナ禍によりこれらを行うことができず、校長講話と生徒指導部長の話、そして最後に校歌を流すという簡素な式となりました。

校長講話では、「VUCA(ブーカ)の時代」(予測不能な時代)の中で高校生活を送る生徒たちに、目の前に確実にある「今」を大切にしてほしいという想いで、禅の言葉「而今(にこん)」をボードに示して話をしました。

文豪・夏目漱石も著作『倫敦消息』の中で、「前後を切断せよ、みだりに過去に執着するなかれ、いたずらに将来に望みを属するなかれ、満身の力をこめて現在に働け」と言っていることにも触れ、今生きているこの瞬間を全力で!と伝えました。

生徒指導部長の夏季休業中の注意の後、全校生徒が校歌を「心の中」で歌い、終業式を終えました。

8月24日(月)の始業式にも、全校生徒が元気に登校することを祈念しています。