【校長室だより】新型コロナウイルス感染症による偏見や差別の防止

【校長室だより】新型コロナウイルス感染症による偏見や差別の防止  

新型コロナウイルス感染症の拡大とともに、感染者、濃厚接触者、医療従事者をはじめ、社会機能の維持のために働く方々やその家族に対する感染症を理由とした偏見や差別などが全国的に散見され、憂慮すべき状況の中、国からは文部科学大臣、県からは教育長メッセージが発出されました。

次に掲載しますので、ご覧ください。なお、教育長メッセージは本日(8月31日)、全校生徒に配布しましたので、ご家庭でもご確認ください。

◎文部科学大臣メッセージなど

【文部科学大臣から】児童生徒等や学生の皆さんへ.pdf

【文部科学大臣から】保護者や地域の皆様へ.pdf

【文部科学省から】新型コロナウイルス感染症を理由とした差別や偏見などでつらい思いをしたら.pdf

◎県教育長メッセージ

【県教育長から】児童生徒・保護者の皆さんへ.pdf

※「県教育長メッセージ」はホームページトップの「保護者の皆様」からもご覧いただけます。