ブログ

西高Hot news2023

第3回よりみち西高(講)座「内山節さん講演会」のお知らせ

浦和西後援会よりお知らせします。

 

 3月9日(土)13:30より第3回よりみち西高(講)座「内山節さん講演会」を本校記念館2階で実施いたします。参加ご希望の方は2月27日(火)までにお申し込みください。

 ※生徒・保護者の方は以前スタディサプリでお知らせしたQRコードでお申し込みください。

 ※後援会・西麗会の方は学校までお問い合わせください。

  埼玉県立浦和西高等学校 TEL 048-831-4847 (担当 渉外部主任)

 

内山節さん講演会.pdf

 

 

【華道部】校長室への素敵なプレゼント

本日、華道部から素敵な生け花のプレゼントがありました。

黄色のチューリップの花言葉は「思いやり」

西高の先生方や生徒たちの「思いやり」や「やさしさ」があふれている西高!

華道部の皆さんに、とても幸せな気持ちにさせていただきました。いつもありがとうございます!

【保健委員会】活動報告

2月6日㈫、7日㈬放課後

1年生と2年生の保健委員が集まり、リップクリームとハンドクリームを手作りしました。
参加した保健委員の生徒から、思ったより簡単にできてビックリしました。
といった感想が多く寄せられました。
保健だよりにも載せましたのでご覧ください。

 R6_2月保健だより.pdf

  

  

第2回西高づくり懇話会を開催しました

本日、会議室にて本校学校評議員、学校評価懇話会委員の皆様、生徒代表(生徒会)が参加し、「第2回西高づくり懇話会」を開催しました。

 学校側から、令和5年度学校自己評価システムシートをはじめ、各分掌・各学年の今年度の取り組みを報告し、参加者から質問・意見・要望等が出されました。

 ・個別最適化に向けた取り組み

 ・3観点を踏まえた共通テストの意識づけ

 ・行動する西高生への期待

など、次年度に向けた取り組みのヒントをいただきました。

 今後とも、目指す学校像である「自主自立の精神を生かして、国際社会に貢献できる人材を育成し、地域に信頼される進学校」の実現に向けて、努力してまいります。

 

 

 

 

PTA運営委員会、常任委員会(PTA.後援会)、臨時総会が開催されました

本日、記念館M1、M2において、

PTA運営委員会、常任委員会(PTA、後援会)が開催され、11月以降の活動報告と

今後の活動計画が報告され、次年度へ向けた活動方法などが協議されました。

また、臨時総会もあわせて実施し、原案が承認されました。

お忙しい中、ご参加いただき誠にありがとうございました。

   

 

【2学年】入試科目説明会を実施しました

本日、2学年で入試科目説明会を実施しました。

次年度に選択する科目ごとに分かれて、該当教科の先生から「共通テストの特長」や「授業ではどのような学習を期待するか」「自学自習のコツ」などの説明を行いました。

一部の科目では、共通テスト問題や小テストを実際に解かせ、現在姿を確認し、1年後の理想像を思い描かせることで、進路に向けた自覚を促していました。

 

 

【保健委員会】放送による体調管理の呼びかけ

 体調維持の要となる「乾燥対策」をはじめとした冬場の体調管理について、

健康意識を高めることを目的に、保健委員が昼休みに「放送」で呼びかけます。

 本日は第1回目の「乾燥」について、2年生の保健委員が、注意点や対策等を呼びかけました。

続く第2回「食事」、第3回「睡眠」は来週行われます。

 

 

 

 

【2学年】ニュースリテラシー教育を実施しました

 本日、2年生でネット上の偽情報を見抜く力などを育てる「ニュースリテラシー(活用能力)教育」の出前授業が行われました。

 講師に産経新聞文化部の記者(本校卒業生)の方にお越しいただき、「ネットにはニュースを装ったフェイクニュースや真偽不明の情報があふれていること」や「犯罪に巻き込まれる危険性や情報を見分ける方法」などが説明されました。

  実際のフェイクニュース等が紹介され、生徒たちにとって身近なところに、その危険性があることを理解することができました。

   

 

【1学年】PTA懇談会を開催しました

1月20日14:00から本校の記念館2Fにおいて、1学年のPTA懇談会が開催されました。

PTA 1学年部長の挨拶の後、学年主任から学年集会時の校歌練習や文化祭の様子を動画で紹介しながらの1年生の概況説明、担当教諭からの来年度実施予定の修学旅行の概要説明、そして進路指導主事からの現在の大学入試の状況についての話がありました。

当日は、雨天にも関わらず、約150 名の保護者の皆様にご参加いただき、1学年の様子を学校からお伝えする貴重な機会となりました。