日誌

女子サッカー部活動日誌

女子サッカー部 学校総体3位決定戦

令和4年度埼玉県学校総合体育大会(高校サッカー女子の部)3位決定戦

 浦和西 0-3 昌平

 

5月14日(土)に駒場スタジアムメイングラウンドにおいて、昌平高校と対戦しました。

今年もこの素晴らしいピッチに立つことができました。

結果は上記の通り完敗でしたが、公立高校で最上位に入ったのは誇りに思います。

当日は多くの関係者の方々に応援していただきました。

改めて御礼申し上げます。

 

追記:本校の記事が埼玉サッカー通信に掲載されました。 

https://saitama-soccer.jp/column/104629/

 

 

女子サッカー部 学校総体準決勝

令和4年度学校総合体育大会(高校サッカー女子の部)準決勝

浦和西 0-2 本庄第一

 

5月7日(土)に埼玉スタジアム第3グラウンドにおいて、本庄第一高校と対戦しました。

試合開始後からポツポツと雨が降り始め、途中には豪雨となる悪コンディションの中、試合内容も厳しいものとなりました。

前半は0-0で折り返したものの、後半にいずれもコーナーキックから2点を失いました。

3日前の準々決勝は延長戦の激闘で疲労も残っていたのか、この日は盛り返す力がありませんでした。

残念ながら2年連続で3位決定戦に回ります。

勝っても負けても最後の試合、精一杯戦います。

女子サッカー部 学校総体ベスト4進出

令和4年度埼玉県学校総合体育大会(高校サッカー女子の部)の途中報告です。

本校女子サッカー部は準々決勝で昨年の優勝校である南稜高校と対戦しました。

押し込まれる時間帯が多く苦しい試合でしたが、選手たちは脅威の粘りを見せ、70分を終わって1-1で決着がつかず。

延長戦の末に2-1勝利しました。

これで2年連続(一昨年はコロナ禍で大会が中止だったので、その前年も含めると3年連続)でベスト4に進出です。

準決勝では本庄第一高校と対戦します。

応援よろしくお願いします。

 

2回戦 浦和西1-0和光国際

3回戦 浦和西1-0山村学園

準々決勝 浦和西2(延長)1南稜

 

女子サッカー部 新春初蹴り

1月3日に男女サッカー部合同で初蹴りが行われました。

女子サッカー部のOGも30名程度が参加し、現役部員と一緒に汗を流していました。

参加してくれたOGの方々、ありがとうございました。

参加できなかったOGの方々、また来年以降お待ちしています。

女子サッカー部 さいたま原山フェスティバル初優勝

12月25日・26日にさいたま市内の各会場でさいたま原山フェスティバルが開催されました。

本大会は中学生と高校生の交流を目的に創設されて6回目を迎え、本校女子サッカー部は初優勝を飾りました。

怪我や体調不良で選手が揃わず厳しいチーム状態でしたが、何とか2日間を戦い抜きました。

 

25日予選リーグ

 浦和西高校 4-1 庄和高校

 浦和西高校 2-0 大久保中学校(男子)

26日決勝リーグ

 浦和西高校 1-1 本太中学校(男子サテライト)

 浦和西高校 4-0 川口市立高校

 浦和西高校 3-0 昌平高校

 

さいたま市民体育大会高校女子サッカー大会

令和3年度さいたま市民体育大会高校女子サッカー大会が11月6・7・14日の3日間で行われました。

さいたま市内の北部・南部の代表それぞれ2チームずつの計4チームによる総当たりの大会形式でした。

本校女子サッカー部は3戦全勝で優勝を飾りました。

応援してくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

第1戦  浦和西 5-2 埼玉栄

第2戦  浦和西 6-0 浦和一女

第3戦  浦和西 4-0 大宮武蔵野

  

 

 

 

 

 

女子サッカー選手権大会

令和3年度 埼玉県高等学校女子サッカー選手権大会準々決勝

浦和西 0-2 本庄第一

遅くなりましたが、選手権大会の結果報告です。

本校は9月12日に準々決勝で本庄第一高校に敗れ、ベスト8で大会を終えました。

序盤は一進一退でしたが、早い時間に怪我で退場者を出してから苦しい試合となりました。

最後まで粘り強く戦いましたが、完敗でした。

この大会まで残って戦った3年生6人はこれで引退となります。

次なる目標に向かって頑張ってもらいたいと思います。

今大会も無観客でしたが、ご支援いただいた保護者の方々にも感謝いたします。

女子サッカー選手権大会

埼玉県高等学校女子サッカー選手権大会3回戦

浦和西 9-0 市立浦和

 

本校は学校総体ベスト4のシードのため3回戦からの登場になりました。

緊急事態宣言による活動制限で夏休みの大事な時期に週2日しか練習ができず、また試合直前には雨天続きで活動場所が制限されるなど紆余曲折ありましたが、なんとか選手権大会の初戦を迎えました。

この夏は試行錯誤の繰り返しでまだまだチームの完成度は物足りませんが、無事に初戦を突破しました。

次戦は準々決勝で本庄第一と対戦します。