西高Hot news2021

西高Hot news2021

サッカー部 関東予選結果の報告①

4月24日(土)聖望学園下川崎グランドにおいて、浦和西高校対本庄第一高校の関東予選が行われました。

結果は、前半2−0で折り返し、後半1−1、前後半3−1で勝利しました。

 初めの得点は、2年生の白寄選手のアシストで、2年生柳澤選手が見事にゴールを決めました。2年生コンビでのゴールでした。

2得点目は、西高が敵陣に攻めてい時のボールがゴールに流れ込みゴールが決まりました。これは、西高が優勢に敵陣に攻め込んだ結果のゴールでした。

 

後半の3得点目は、3年生加藤選手のアシストで、3年生山本選手がボールを受け、鮮やかなドリブルを見せて見事にゴールを決めました。3年生コンビでの得点でした。対戦相手の本庄第一高校も終了間際に意地を見せ1得点を返しました。攻守にわたり、バランスよく西高の優勢なゲーム展開で見事に勝利しました。この時点で、ベスト8が決まり、明日ベスト4をかけて本庄東高校と対戦することになります。明日もサッカー部諸君の健闘を祈っています。

 

斜面林を紹介します①

西高では平成11年から地域に住む住民の方々を中心に、ボランティア団体「浦和西高斜面林友の会」が組織され、それまで放置されていた斜面林の再生を開始しました。

 

 照葉樹を伐採し、土中のゴミを除去し、枕木や自然木を使い土留を行ったそうです。また、下草を保全し、クヌギ、コナラなどの落葉広葉樹を育てるためドングリから苗木を植えました。こうして、10年間の努力の末、林床まで日の光が届くようになりました。

 

今では、ヤブカンゾウ、ナルコユリといった本来この地に自生していた野草が花をつけるようなりました。

斜面林についてはまた紹介します。

埼玉大学教育学部の高校生向け教職講座が始まりました

  

 

 4月19日(月)、埼玉大学教育学部による高校生向け連続講座が行われました。本講座は、埼玉大学教育学部さんが教職に関心がある県内の高校生を対象に、オンラインで実施するものです。

 この日は、第1回「教師への道」と題され、埼玉大学教育学部で学んでいる学生の皆さんが教師という仕事をどのように考えているか、また、教師になるにはどうしたらよいかなどが扱われました。本校では、1年生から3年生まで計9名の生徒が参加し、熱心に取り組んでいました。

 次回第2回は5月17日(月)実施予定です。

 

万葉の庭の紹介③

万葉の庭にある「10 ウメ」について紹介します。(万葉の庭〜散策の栞より)

 「わが苑に梅の花散るひさかたの天より雪の 流れ来るかも」

   大伴 旅人(おおともの たびと)(巻五ー八二二)

*大意

「わが園に、梅の花が散る。天から雪が流れてくるのだろうか。」

*ひと言

<世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし>と詠ったのは、平安期の歌人・在原業平ですが、万葉人の関心は専ら梅。この時代、花見といえば梅見を指した。

 旅人のこの歌も、そんな梅見の宴席でやりとりされた梅の歌三十二首の一首。その中には、山上憶良の歌もみえる。

*植物メモ

 ウメは中国からの舶来品。万葉の当時花の色はすべて白であったらしい。清楚で気品高く、早春、百花に先駆けて咲く。

 

Plum blossoms fall and scatter in my garden;

is this snow come streaming from the distant heavens?

                                                               By the host,Otomo Tabito

全国高等学校総合文化祭に出展する書道部の作品を紹介します②

第45回全国高等学校総合文化祭が和歌山県において今年7月に開催されます。この全国総合文化祭に本校3年生の塩野谷笑菜さんの書道作品が出展されます。

        

【塩野谷さんからのコメントを紹介します】

今回私は孫過庭の「書譜」の臨書に挑戦しました。臨書をするにあたって、同じ文字でも変化を持たせるために、線の柔らかさや、とめはねはらいの違いをハッキリさせることを意識して書きました。

今回、県代表作品に選ばれ、10年強、書道を続けてきた努力が報われたようで、とても嬉しかったです。

 とコメントを寄せてくれました。まさしく、「農場の法則」(昨日タネを蒔いて、今日収穫することはできない。長い時間をかけ、田を耕し種を蒔き、日々生育のために継続した努力をするという法則) の実践であると思います。日々精進され、大輪の花を咲かせることができたことに敬服します。今年7月の全国高等学校総合文化祭では、全国の多くの方々に鑑賞していただきたいと思います。