西高Hot news2021

万葉の庭の紹介③

万葉の庭にある「10 ウメ」について紹介します。(万葉の庭〜散策の栞より)

 「わが苑に梅の花散るひさかたの天より雪の 流れ来るかも」

   大伴 旅人(おおともの たびと)(巻五ー八二二)

*大意

「わが園に、梅の花が散る。天から雪が流れてくるのだろうか。」

*ひと言

<世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし>と詠ったのは、平安期の歌人・在原業平ですが、万葉人の関心は専ら梅。この時代、花見といえば梅見を指した。

 旅人のこの歌も、そんな梅見の宴席でやりとりされた梅の歌三十二首の一首。その中には、山上憶良の歌もみえる。

*植物メモ

 ウメは中国からの舶来品。万葉の当時花の色はすべて白であったらしい。清楚で気品高く、早春、百花に先駆けて咲く。

 

Plum blossoms fall and scatter in my garden;

is this snow come streaming from the distant heavens?

                                                               By the host,Otomo Tabito