西高Hot news2021

2年生の地学基礎の授業を紹介します

2学年の地学基礎の授業を紹介します。単元は、「太陽」です。

本時の学習のポイントは、太陽定数に関する計算式を理解することです。

本時は、太陽風の地球への到達に要する時間の計算の説明がありました。続けて、前時の学習内容に触れ、本時と前時の繋がりを具体的に扱うことで、知識の体系化が図られ、学習内容が分かり易く伝わってきます。基礎学力の定着に効果的であると感じました。また、配布されている授業プリントがよくまとめられており、本時の学習内容や到達目標がよく理解できる学習資料であります。そして、地学基礎において実際の数学的計算を扱う問題が多く、効率よく計算する方法についてもこの授業プリントによくまとめられています。

参考として:出典 フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)より」

太陽定数(たいようていすう、英語: solar constant)は、地球の大気の上端で、太陽からの放射線に対して垂直な面における単位面積・単位時間当たりに受けるエネルギー(仕事率)のことで、約 1.37 × 103 W/m2である[1]。

さらに詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

   ⬇️

https://ja.wikipedia.org/wiki/太陽定数