校長室だより

エンパワーメントプログラム その1【校長室だより】

 本日から3日間の予定で、「エンパワーメントプログラム」(ISA)が始まりました。今年は本校を会場に、本校生徒のほか、浦高、浦和一女、市立浦和の生徒も加わり、総勢36名、4校合同での開催です。コロナ禍の中、海外研修に代わるグローバル教育の一環として実施しています。

 このプログラムでは、高校生6名のグループに、外国人留学生1名がリーダーとして加わり、3日間英語漬けで、ディスカッションや英語プレゼンテーションに取り組みます。【今回のファシリテーターはUK出身、そしてグループリーダーは、東南アジアや中東、アフリカなど世界各地出身の東大・早大・上智大等に在籍している留学生です】  

 3日間、多岐に渡るトピックについて多角的な視点から英語で考え、英語で意見を述べ合います。英語力とともに、自分の意見や考えをしっかり持つことが求められます。生徒たちには、ディスカッションを通して、グローバル社会で活躍するために必要なことを学びとるとともに、高い志を持つ留学生たちの姿勢からも大きな影響を受け、大きな夢に向かって努力する姿勢を身に付けてくれることを期待します。

 初日の今日は、「自己紹介プレゼンテーション」や「Positive Thinking」についてのディスカッションを行いました。