校長室だより

国際理解講演会を開催しました【校長室だより】

 本校卒業生で、独立行政法人 国際協力機構(JICA)モザンビーク事務所 次長の小林千晃様をお招きし、1年生対象に国際理解講演会を開催しました。小林様は現在、モザンビークに駐在され、現地で様々な課題解決に取り組まれています。

 演題は「裏グラ経由、南米行き。ワクワクを追いかけて」 

 小林様は本校在学中、弓道部に所属し、本校の第二グラウンド(裏グラ)で走りこんでいたこと、そして1年生の時に南米チリに1年間留学したことからこの演題となりました。

 留学先として一般的な欧米・豪州ではなく、あえて日本人に馴染みの薄い南アメリカを選んだこと、チリへの留学経験によりものの見方や人生観・世界観が大きく変わり(ご本人の言葉ではOSが入れ替わった、と表現されました)今の自分があること、また、高校生のうちに海外体験をすることの意義と重要さなどについて話していただきました。また、現在モザンビークでは、日本よりもデジタル化が進んでいることなど、現地の様子も教えていただき、アフリカに抱いていたイメージが大きく変わる講演でもありました。

 国際的な広い視野を持ち、グローバルに活躍されている小林様のお話は、とても興味深く、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。

 1日も早くコロナ禍が収束し、本校の生徒たちが海外に飛び立てる日が来ることを願っています。

  

   JICA  小林 千晃 様          ご講演の様子