校長室だより

エンパワーメントプログラム その2【校長室だより】

エンパワーメントプログラムの最終日を迎えました。

生徒たちは初日の緊張していた姿から一転、自信にあふれ、頼もしい表情に変わっていました。

3日間にわたって生徒たちは、時折英語によるゲームやレクリエーションを交えながら、徹底的に英語によるディスカッションに臨んできました。この「グループディスカッション」では、毎回テーマが与えられます。

1日目のテーマ:「Positive Thinkingについて考える」

2日目のテーマ:「My Identityについて考える」「Leadershipについて考える」

                  「自分の将来の目標について」「各国の学校の違い」

3日目のテーマ:「テクノロジーと私たちの生活」「学ぶことの意義」

ディスカッション後には、グループごとに話し合った内容をまとめ、発表をしました。

 

最終日の今日は、プログラムの集大成として全員が一人一人プレゼンテーションを行いました。

「3日間のプログラムを通して学んだことや自分の中で変化したこと」「将来の夢や目標、その達成のために明日から頑張りたいこと」などについて、堂々と見事なプレゼンテーションを行いました。全員が高い志を持ち、夢を語り、目標に向けて努力していく決意を語ってくれました。 

この3日間は、英語力の向上はもとより、生徒たちにとって人生観や世界観、生き方をも変えてしまう経験になったと思います。この経験を糧に、将来、彼らが自分の夢を実現し、活躍することを期待しています!