西高 Hot news

浦和西高校 開放講座のご案内

斜面林 里山の哲学講座

哲学者・内山節さん講演会「学ぶって何だろう」


■日 時:2018
317日(土)午後1時半~4時半(開場1時)

■場 所:浦和西高校駐車場(斜面林前)

     天候次第では記念館M1M2


 里山とは、人の手の入った森や林のことを指します。西高敷地北側に広がる斜面林も里山の一つです。自然と人間が交流する場所、自然科学と人文科学が交流する場所――そんなふうに里山をあらわすこともできます。

 この西高斜面林に、自然と人間の関係に着目し思索をふかめてきた哲学者・内山節さんをお招きして「学ぶって何だろう」というテーマでお話いただくことになりました。

 「学ぶ」という言葉が何を意味するかは、時代によっても、そして地域によっても一律ではありません。

 家族や友人、地域からの学びもあるでしょうし、近年では、各種のボランティア活動やカルチャースクールなど新しい学びのスタイルも生まれています。

 そういった「学び」のもつさまざまな側面について内山さんに語っていただきます。
 もちろん、「なんで勉強しなくてはならないんだろう」「学ぶことの意味って何だろう」と悩む学生さんにとっては、とても身近なテーマです。

 後半では、内山さんとの交流会も企画しています。たくさんの方々の参加をお待ちしております。


■プログラム:
 13:00
     開場
 13:3015:00 内山節さん講演
 15:0015:30 ちょっと長めの休憩(暖かい飲み物をお出しします)
 15:3016:30 内山さんとの交流会



■対 象:生徒・PTA・後援会・教職員・斜面林友の会・
     西麗会・一般参加も可能です。

■申込先:satoyama640801@gmail.com
     (担当・田口)


     件名は「内山節さん講演会」、本文には、①お名前 
     ②連絡先 ③所属(後援会等) をお書きください。

【内山節さんのプロフィール】
 1950
年、東京生まれ。哲学者。NPO法人 森づくりフォーラム
 代表理事。元立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授。
 著書『里という思想』(新潮選書)『いのちの場所』(岩波書店)
 『子どもたちの時間』(農文協)ほか多数。