西高 Hot news

2019年12月の記事一覧

サッカー部3年石山凌太郎君激励

 12月24日(火)、終業式終了後、1月からサッカーフランスリーグ2部のACアジャクシオでプレーする、本校サッカー部3年MF石山凌太郎君を杉林校長先生が激励しました。厳しい世界だと思いますが、夢に向かって頑張れ。活躍を期待しています。

令和元年度第2学期終業式

 12月24日(火)、「第2学期終業式」を行いました。
 最初に校長講話、次に生徒指導部長講話がありました。次に、マラソン大会男女10傑・英作文コンテスト・書道部・弓道部・女子バスケットボール部の表彰を行いました。最後に、全校生徒で校歌を斉唱し終了しました。


マラソン大会男子10傑

マラソン大会女子10傑

英作文コンテスト

書道部

弓道部

女子バスケットボール部

校歌の伴奏:3年生 清水君 いつもありがとう!

朝日新聞「青春スクロール~母校群像記~」⑪

 12月21日(土)の朝日新聞において、「青春スクロール~母校群像記~」第11回目が掲載されました。
 今回は、『個人を尊重する風土 気鋭の論客輩出』と題し、各界でご活躍されている卒業生に当時の西高の思い出と共に振り返っていただいております。
 今回「第11回 青春スクロール」で、最終回となります。

人権教育講話

 12月23日(月)、人権教育講話として、北海道大学文学研究院博士の石原真衣様を講師としてお迎えし、アイヌ民族を主題とした様々な差別について「透明人間を見る、透明人間の声を聴く」という演題でのご講演をしていただきました。講演最後に『未来を創るみなさんへ』「みなさん一人ひとりに、今と未来がたくされています。」というメッセージをいただきました。
【杉林校長先生と石原さん(右)】

「西高米国ボストン研修」最終報告

【ボストン研修:最終現地報告】
 本日、すべての日程を終了し、午後5時過ぎに「ボストン研修第1期生」23名全員無事に成田空港に到着しました。明日は、終業式ですが、今回の研修の成果を、どのような形で発揮してくれるのか大変楽しみです。ISA添乗員の登坂様・川幡様、本当にありがとうございました。そして、「ボストン研修第1期生」ご苦労様でした。

「西高米国ボストン演習」報告⑧

【ボストン研修:8日目現地報告】
 本日は、ホームステイ先からヒルトンホテルに集合し、ボストン市内班別自主研修を行いました。
 明日は、帰国日となります。様々なプログラムから、たくさんのことを吸収し、すばらしい研修であったと思います。
ホームステイ先の様子

ホテル近くのオリエンタル ハイツ駅

フェンウエイパークツアーに参加

「西高米国ボストン研修」報告⑦

【ボストン研修:7日目現地報告】
 1日晴天、午前中のインターナショナルクラスでの最後のレッスンでは、思い残すことがないよう頑張っていたようです。そして、帰国する生徒に対し卒業式を実施、修了書が授与されました。
 午後は、現地で活躍されている日本人による「AI時代をどう生きるか」というタイトルでの講演を行いました。

修了書授与

サンキュースピーチ

講演会の様子

「西高米国ボストン研修」報告⑥

【ボストン研修:6日目現地報告】
 ボストンは、今年一番の寒さー10℃でした。本日は、午前中のインターナショナルクラスでの授業終了後、地下鉄を利用し「ボストン美術館」を訪問しました。モネ・マネ・ゴッホ・ルノアール・ゴーギャンなど、本物の絵画を堪能しました。
ボストン美術館               クロード・モネ“ラ・ジャポネーズ”

クロード・モネ“睡蓮             クロード・モネ“積わら 日没”

ピエール・オーギュスト・ルノワール      ポール・ゴーギャン“我々はどこから来たのか
“ブージヴァルのダンス”              我々は何者か、我々はどこへ行くのか”

                       フィンセント・ファン・ゴッホ
エドアール・マネ“街の女歌手”         “郵便夫ジョセフ・ルーラン”

防災訓練

 12月20日(金)、防災訓練を実施しました。11時00分 HR等1階 調理室付近での火災を想定した避難訓練でしたが、集合・点呼終了10分以内という目標設定に対し、全生徒緊張感を持ち、速やかに集合・点呼を終え、7分47秒と新記録を更新しました。
 その後、管理棟3階からの降下訓練と消火訓練を行い、最後に校長先生からの講評をいただき終了しました。

「西高米国ボストン研修」報告⑤

【ボストン研修:5日目現地報告】
 2日目のインターナショナル授業は、昨日よりも「楽しい」という声が増えたようです。午後は、MITのキャンパスツアー及び座談会を、MITビジネススクール在学中で、次世代モバイル通信技術(5G)の研究開発に従事した下城さんに実施してもらいました。今回も、生徒たちは非常に刺激を受けたようです。

※昨日のハーバードビジネススクールでのコメント紹介
 HBSの皆さんはとにかくやばかった。今回の経験は自分に危機感を感じさせたと思うし、色々な人種の方々とディスカッションして働けるようになりたい。帰ったら速攻勉強する。 
 頑張っている人を見て私は今のままの色々なことに対して中途半端になってしまっているので、このままではだめだと思いました。お話を聞いてもっと頑張ろうと思いました。誰かに自慢するためでも名声の為でもなく、ただ自分のスキルアップややりたいことのために頑張るって、とてもすごいことだと思うし、意志を貫き通していることが本当に尊敬だなと思いました。まずは明日からの授業から頑張ろうと思います。
HBSでの講演は私の一生モノの宝だったと思いました。学んだ事も衝撃を受けたことも絶対に忘れないようにしようと思います。特に“やろうと思う人は多くても、やる人は少ない”という話が私の胸に突き刺さりました。まさに私だ・・・・。
MITの看板前で


卒業式が行われるMITグレートドーム中庭

MITの講義室を借りて座談会

「西高米国ボストン研修」報告④

【ボストン研修:4日目現地報告】
 ボストンは、天気予報通り朝起きたら雪がうっすら積もっていたそうです。研修も4日目、インターナショナルクラスの初日を迎えました。クラスには、中国・サウジアラビア・ドイツ・メキシコといった学生たちと混在し授業を行っています。感想には、「他国生はみんな普通に英語で会話している。」「授業のスピードが速い。」「楽しくて仕方ない。」等様々なようです。午後には、ハーバードビジネススクールに行き、2019年に入学したすばらしい経歴を持った方々との座談会を行い刺激を受けていたようです。
 今回の研修プログラムは、決して楽しいことばかりではありません。辛く、苦しく、悔しい場面も多々あるかと思います。しかし、それに打ち勝ってこそ西高第1期生です。
ハーバードビジネススクール 図書館の前で

座談会の様子

「西高米国ボストン研修」報告③

【ボストン研修:3日目現地報告】
 語学学校初日、午前中はオリエンテーション、ホームステイについての説明と注意、授業についての説明等を行いました。昼食後には、語学学校の先生3名が3つのグループに分かれ、ボストン中心部を通るフリーダムトレイルツアーを行いました。各グループごとにボストンコモン・パークストリート教会・グラナリー墓地・キングスチャペル・ベンジャミンフランクリン像・旧州議事堂・ボストン虐殺地跡・ファニュエルホール・クインシーマーケットなどをまわり、アメリカの建国の歴史をそれぞれの見学場所で学びました。明日からはそれぞれのクラスで、本格的な授業が開始されます。




朝日新聞「青春スクロール~母校群像記~」⑩

 12月14日(土)の朝日新聞において、「青春スクロール~母校群像記~」第10回目が掲載されました。
 今回は、『「制服なし」求めてつかんだ自由の象徴』と題し、制服の自由化に向けてのお話や、制服の無い西高に対し、各界でご活躍されている卒業生に当時の西高の思い出と共に振り返っていただいております。
 次回「第11回 青春スクロール」で、最終回となります。 

「西高米国ボストン研修」報告②

【ボストン研修:2日目現地報告】
 本日は、ホームステイ宅での朝食後、自力で電車・バスを利用し、ハーバド駅に集合。その後、明日から登校するカプラン・ハーバードスクエア校を確認し、ハーバード大学・ボストンコモン(アメリカ最古の公園)などを散策するなど、有意義な1日を過ごしたようです。明日からは早速、インターナショナルクラスでの授業となります。


「西高米国ボストン研修」報告①

 12月14日(土)から実施している、本校初となる「ボストン研修」の現地からの報告が届きました。成田空港集合時から、予定通り進行中とのことです。
 成田空港では、国際交流委員長の柿岡先生から熱いメッセージを送っていただき、団長の上田君からの決意表明がありました。ボストン到着後は、それぞれのホストファミリー宅へ移動をし、研修が開始されています。総勢23名のボストン研修1期生、頑張ってください。

シラバス・西高CAN-DOリスト(英語)の公表

文部科学省からの、学習指導要領の趣旨の実現に資する「CAN-DOリスト」形式による学習到達目標(外国語)の公表のため、本校の英語に関する「シラバス・西高CAN-DOリスト」を掲載いたします。
メニュー「西高の教育」→「シラバス・西高CAN-DOリスト」欄をご覧ください。

朝日新聞「青春スクロール~母校群像記~」⑨

 12月7日(土)の朝日新聞において、「青春スクロール~母校群像記~」第9回目が掲載されました。
 今回は、『貴重な経験胸に 政財界にも卒業生』と題し、政財界に進出し活躍されている卒業生を特集し、当時の西高の思い出を振り返っていただいております。
 

県教育委員学校訪問

 12月4日(水)、埼玉県教育委員の方々による学校訪問がありました。上條正仁委員・後藤素彦委員・石川美津夫委員・萩原由浩副教育長・古澤健一総務課主幹にご来校いただき、学校概要の説明後、授業・施設見学と意見交換をを行いました。その後、学食において食事をとっていただき学校訪問を終了いたしました。