西高 Hot news

2018年1月の記事一覧

浦和西高校 開放講座のご案内

斜面林 里山の哲学講座

哲学者・内山節さん講演会「学ぶって何だろう」


■日 時:2018
317日(土)午後1時半~4時半(開場1時)

■場 所:浦和西高校駐車場(斜面林前)

     天候次第では記念館M1M2


 里山とは、人の手の入った森や林のことを指します。西高敷地北側に広がる斜面林も里山の一つです。自然と人間が交流する場所、自然科学と人文科学が交流する場所――そんなふうに里山をあらわすこともできます。

 この西高斜面林に、自然と人間の関係に着目し思索をふかめてきた哲学者・内山節さんをお招きして「学ぶって何だろう」というテーマでお話いただくことになりました。

 「学ぶ」という言葉が何を意味するかは、時代によっても、そして地域によっても一律ではありません。

 家族や友人、地域からの学びもあるでしょうし、近年では、各種のボランティア活動やカルチャースクールなど新しい学びのスタイルも生まれています。

 そういった「学び」のもつさまざまな側面について内山さんに語っていただきます。
 もちろん、「なんで勉強しなくてはならないんだろう」「学ぶことの意味って何だろう」と悩む学生さんにとっては、とても身近なテーマです。

 後半では、内山さんとの交流会も企画しています。たくさんの方々の参加をお待ちしております。


■プログラム:
 13:00
     開場
 13:3015:00 内山節さん講演
 15:0015:30 ちょっと長めの休憩(暖かい飲み物をお出しします)
 15:3016:30 内山さんとの交流会



■対 象:生徒・PTA・後援会・教職員・斜面林友の会・
     西麗会・一般参加も可能です。

■申込先:satoyama640801@gmail.com
     (担当・田口)


     件名は「内山節さん講演会」、本文には、①お名前 
     ②連絡先 ③所属(後援会等) をお書きください。

【内山節さんのプロフィール】
 1950
年、東京生まれ。哲学者。NPO法人 森づくりフォーラム
 代表理事。元立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授。
 著書『里という思想』(新潮選書)『いのちの場所』(岩波書店)
 『子どもたちの時間』(農文協)ほか多数。

寄附への御協力、ありがとうございます①

 埼玉県教育環境整備基金UN強靭化プロジェクトプラン」への御寄附を続々といただいております。誠にありがとうございます。
 引き続き、御協力をお願いいたします。
 ご希望の方には、「申込書」を送付させていただくこともできますので、ご連絡ください。
 詳細は、左のバナー又は左メニューの「埼玉県教育環境整備基金」から
ご覧ください。

大学入試センター試験

 1月13日(土)・14日(日)の2日間、大学入試センター試験が実施されます。13日(土)は地理歴史・公民国語英語、14日(日)が理科数学です。
 本校も試験場となっており、3年生356名が受験する予定です。
 本日、正門前では、早朝から、校長・進路指導主任・3学年主任・担任の先生たちが、入場していく3年生一人ひとりに熱い激励の言葉をかけていました。
 3年生には、第一志望の実現に向けて、これまでの学習の成果を存分に発揮してくれることを期待しています。頑張れ、西高生!

第13回土曜公開授業のお知らせ

 1月20日(土)、第13回土曜公開授業を行います。
 多くの皆様のご来校をお待ちしております。

  1 時 間  午前10時00分から午後12時40分まで
  2 場 所  本校各教室等
  3 参観者  本校受検を希望している中学生やその保護者、
        在校生の保護者の皆さん、地域の方々、どなた
        でも参観できます。
  4 予 約  不要です。
  5 その他  自動車でのご来校及び周辺の商店等への無断駐車は
        ご遠慮ください。
         写真・動画の撮影は、ご遠慮ください。

平成30年3月中学校等卒業予定者 進学希望状況調査

 県教委から「平成30年3月中学校等卒業予定者 進路希望状況調査(12月15日現在)」が発表されました。
 本校への希望状況は、以下のとおりです。(  )は昨年度。
     
倍率 
358名
384名
742名
(684名)
  2.07倍
 (1.72倍)
 倍率(全日制普通科)については、公立5位、県立2位
 前回(10月1日現在)と同様に、多くの中学3年生の皆さんに希望していただき、大変嬉しく思っています。
 どうもありがとうございます。
 健康に留意しつつ、今後の中学校生活・受験勉強に全力で取り組まれる
よう、期待しています。頑張ってください。