西高 Hot news

2016年3月の記事一覧

球技大会①

 3月16日(水)~18日(金)の3日間、球技大会が実施されます。男女のサッカー、ドッジボール、バスケット競技で各クラスが優勝目指して熱戦を繰り広げます。
 初日は、体育館・グランドで予選リーグが行われました。


第68期 卒業式第二部

 3月15日(火)、卒業証書授与式終了後に、3年生による卒業式第二部(通称:卒二)が行われました。
 以下、新聞部発行『浦和西高新聞』の記事を紹介します。

 保護者、先生方、1・2年生で会場の体育館が埋め尽くされた。
 3年間の実話を元にした劇が披露された。体育祭の場面では、1年生が10クラスになりクラス対抗案が出たことや、昨年の連ダンが中止になったことを受けて、体育祭の在り方が議論されたことが主な内容になっていた。ステージでは、PRISMによる連ダンが披露され会場を盛り上げた。…実際の文化祭と同様に、開セレ、グルビ、AFが再現された。MAダンス、ギター部、ANMIEL、69s、Charman、まいでぃっく、MAによるステージ発表があった。
 最後には卒業生全員が「GIFT」を合唱し幕を閉じた。

第68回卒業証書授与式

 3月15日(火)、「第68回卒業証書授与式」が挙行されました。
 以下、新聞部発行『浦和西高新聞』の記事を紹介します。

 3月15日(火)、本校体育館にて第68回卒業証書授与式が行われた。天気にも恵まれ、雲一つない晴天の中で行われた。在校生や教員、保護者が見守る中、管弦楽部の演奏とともに卒業生の入場が開始された。卒業証書授与では、卒業生が西高に感謝を告げるかのように一人ひとりが心を込めて返事をした。校長式辞では、祝いの言葉や3年間の思い出を話された。また、宮澤章二の「目標」という詩を紹介し、卒業生はこの詩を心に刻んだことと思う。在校生送辞では、先輩への感謝の気持ちを伝え、卒業生答辞では、西高への想いを涙ぐみながら語った。卒業生にとっては最後となる校歌斉唱では、後輩にこれからの西高を頼むように、在校生はそれに応えるかのように想いのこもった歌が体育館に響き渡った。最後の卒業生退場の際には、クラスが呼ばれたあとどのクラスも全員でステージに向けて「ありがとうございました」と叫び、会場中の涙を誘った。
 今年の卒業式は無事に幕を閉じた。それぞれ異なる思いで参加した卒業式は、卒業生だけでなく在校生にとっても忘れられない式となったことだろう。


 管弦楽部の演奏

担任による卒業生の呼名

卒業証書授与:卒業生代表 三宅一輝 君

校長式辞

来賓祝辞:田口PTA会長 様

来賓祝辞:村上西麗会会長 様

在校生送辞:在校生代表 長谷川輝 君

卒業生答辞:卒業生代表 市川香 さん

卒業記念品贈呈:市川千笑 さん

校歌・式歌斉唱

地学部:日本天文学会ジュニアセッション

 平成28年3月14日に開催された日本天文学会ジュニアセッションにて、ポスター発表と口頭発表を行いました。参加数が多いため、口頭発表は限られた時間になりましたが、今年度の研究成果を多くの高校生や研究者の方に知っていただく良い機会となりました。また、ポスター発表では研究者の方から直接アドバイスをお聞きすることもできました。
 次年度はさらに発展した内容にできるよう、部員一同頑張りたいと思います。






卒業式予行・予餞会

 3月14日(月)、卒業式予行と予餞会を実施しました。
 卒業式予行では、明日の卒業式の流れを確認した後、体育優良生徒表彰、高等学校文化連盟賞、皆勤賞の表彰が行われ、最後に校歌と式歌の練習を行いました。
 予餞会では、執行部・実行委員の生徒を中心に、3年生への祝賀と惜別、感謝の念が込められたMAやギター部の演奏、スライドショーなどの上映が行われ、大変盛り上がりました。


ハンドボール部:練習試合~点を線に~

 3月13日(日)、本校第2グランドにて、春日部東高校・所沢北高校との練習試合を行いました。

 今回の練習試合では、個々で1対1を頑張っている場面は見られたものの、次のボールをもらう人の準備ができておらず、OFは次第に焦りが見えてきてミスが目立ちました。


ハンドボール部:3年生を送る会

3月12日(土)3年生を送る会を本校の合宿所にて行いました。

各学年から卒業生に向けて出し物もあり、賑やかな会になりました。

3年間、部活動を通して得られたものは、これからの一生の宝物になると思います。これからも頑張っていってほしいです。



主権者教育

 3月11日(金)、2・3年生を対象に主権者教育の一環として、選挙に関する「出前授業」を行いました。
 埼玉県及びさいたま市の選挙管理委員会の職員、大学生ボランティアの方をお招きし、選挙に関する説明、模擬投票を実施していただきました。
 生徒たちは、選挙活動や投票について、具体的なイメージをつかみ、主権者としての自覚を高めた様子でした。




入学許可候補者発表

 3月10日(木)、9時から本校体育館前で「入学許可候補者」の発表が行われました。
 今回の入試では、594名が受検、367名が入学許可候補者となり、倍率は昨年を大きく上回る1.62倍(県立・全日制普通科では最高倍率)でした。
 高倍率を乗り越え、入学許可候補者となった皆さん、おめでとうございます。



人権教育講演会

 3月8日(火)の午後、1・2年生を対象に「人権教育講演会」を実施しました。
 DVD「未来への道標」を視聴した後、講師の森元美代治様から「尊厳回復の願いと私のたたかい -ハンセン病を生きて-」と題してご講演をいただきました。
 生徒たちは、真剣な態度で森元様のお話を聴いており、講演終了後の質疑応答でも多くの質問を行い、予定時間を超過するほどでした。