校長室だより

校長室だより

埼玉県立高校グローバルリーダー育成プロジェクト【校長室だより】

「埼玉県立高校グローバルリーダー育成プロジェクト」に、本校より2学年の磯部太君が参加し、1月14日よりシンガポールへ派遣されています。

 埼玉県の選考試験を見事突破し、西高代表、県の代表としての参加です。

出発前に磯部君より全校生徒に対して、決意表明がありましたので、一部ご紹介します。

「・・・・・シンガポールへの1週間の研修旅行が始まります。シンガポールでは、現地大学生とのフィールドワーク、シンガポール国立大学での授業、ワークショップ、模擬国連などを行う予定です。どの活動でも、実用的な英語力や国際的な問題についての積極的な学習が必要となり決して楽に取り組めるものではないのですが、一緒に国内でプロジェクトをやり遂げてきた仲間と共に、この機会を最大限に生かし、県や国に貢献する人物に成長するきっかけにしたいと思います。」

今頃は現地で、日々刺激的な素晴らしい体験をしていることでしょう。この機会を通して大きく成長することを願っています。

後日改めて磯部君からの報告をご紹介します。

 

 

 

本年もよろしくお願いいたします【校長室だより】

新年あけましておめでとうございます。お健やかに佳き新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年は、温かなご支援、ご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。

昨年は新型コロナウイルスの影響を受けつつも、予定された教育活動をほぼ計画どおりに実施することができました。特に、文化祭の一般公開や修学旅行が実施できたことは、生徒の思い出づくりに留まらず、人間的な成長を促すことにつながり、大変嬉しく思っています。また、年末のボストン研修も無事終了することができました。参加した生徒たちの成長ぶりが楽しみです。生徒・保護者・西麗会をはじめ関係するすべての皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

本年も、生徒たちの希望進路の実現と豊かな人間性の育成に向けて、また、本校の益々の発展に向けて、職員一同力を合わせて全力を尽くしてまいります。引き続きご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって素晴らしい年になりますよう祈念申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

 

学校説明会を行いました

12月3日、年内最後となる学校説明会を、体育館にて開催しました。

150組(約300名)の中学生と保護者の方にご参加いただきました。

ご多用の中、また、大変寒い中、ご参加いただきありがとうございました。

   

 

3学年対象「進路講演会」を開催しました【校長室だより】

本校OBの紅谷弘二氏をお招きして、3年生を対象に進路講演会を開催しました。

講演会では、ご自身の体験をもとに、「失敗を恐れずに行動し、何度失敗しても前を向いて挑戦続けることの大切さ」「仕事を通して人の役に立てる喜び」「人との繋がりの大切さ」などについて、熱く語っていただきました。紅谷氏は、高校時代に描いた将来の夢を、挫折と努力を繰り返しながら見事に実現し、今やりがいをもってお仕事をされています。体験に基づいたお話は大変説得力があり、生徒たちの心に大きく響くものでした。以下、生徒の感想の一部をご紹介します。

【生徒の感想(一部抜粋)】

・今回の講演会を聴いて目標の大切さを改めて感じた。将来について考えると不安もたくさんあるけれど、やりたいことを見失わず、失敗を恐れずに、目の前の壁に立ち向かっていきたい。

・「挫折は多い方がいい。失敗したことは全て財産となり、価値あるものになる」と聞いて考え方が変わった。

・高校生の時に夢を宣言し、現在それを実現し、多くの人から頼られ、やりがいを感じながら自分の好きなことをしている紅谷さんをとてもかっこいいと思った。私も自分が本当にやりたいことにチャレンジし、色々な経験をして、誰かの力になれるような仕事をしたいと思った。

・失敗を恐れずにというのは、失敗してもいいやという気持ちのことではなく、失敗をする気はないがもし失敗したとしても、それは必ず自分に良い影響を与えてくれると考えて行動することなのだろうと思う。

・何度も何度も失敗してもくじけずに自分の夢に向かって前に進んだという話から、私たち受験生はとても大きな勇気をいただいた。

・西高という共通点を持つ今周りにいる仲間とのつながりを大切にし、卒業後も西高出身であるということに誇りに、新たなつながりを広げていきたい。

 

 後輩たちに熱く語りかける紅谷氏。いただいた名刺には、満面の笑顔と

「あなたの四次元ポケットになります」というキャッチコピーが書かれていました。

 

 

学校説明会・学校公開に参加された方のご感想【校長室だより】

11月19日の学校説明会にご参加された方からのご感想を(ほんの一部ですが)ご紹介します。ご感想をお寄せいただきありがとうございました。

・伝統のある学校で年数が経っているのにも関わらず綺麗なのは皆さんの学校を大事にする気持ちの表れだと思います。授業も拝見しましたが集中して勉強に取り組んでいる姿が印象的でした。
・文武両道で理想的な学校だと思います。

・自主自立の精神、そのスローガンにふさわしく、どの生徒も自ら行動できることに関心させられました。校舎もとてもきれいに清掃されていて驚きました。

・3年生の教室を見学させて頂きました。自習の教室でも生徒さんは静かに勉強をされていて、さすがだと思いました。授業を行ってる教室でも中学生に気を取られる事なく集中して授業を受けICT機器を使用した授業が多く、内容理解がスムーズにできそうだと思いました。

・気になっていた生徒さんの服装が落ち着いていて良かったです。

・生徒の服装、高校の授業内容、プロジェクターを使用した授業が見られたことで、学校での生活の様子が分かりました。また、教室も廊下も明るく綺麗でした。

・ネット情報などで、生徒の自主性を重んじる校風だから何でも好きに自由に(生徒が)できてしまうのでは?と少々不安を感じていました。しかし実際に生徒の様子を見たり先生方にお会いして、思っていた様子とは違うことが分かり、公開授業を見に行き安心しました。
・静かに落ち着いた雰囲気で授業を受けており、良い雰囲気だなと思いました。また、休み時間も和気あいあいとしており楽しそうだなと感じました。

・どの先生のお話も熱心で、子ども達にも心を込めたメッセージを下さり、このような学校に子供を通わせたいなと大きな信頼を抱きました。とても有意義な時間となりました。ありがとうございます。

・部活動も見学させて頂きましたが、生徒の皆さん、すぐに挨拶をしてくださるし、見学の誘導をすぐにして下さりました。困っている時に、すぐに声をかけて教えてくれる生徒の方もいらっしゃり、素敵な校風だと思いました。

・公開授業や文化祭など何度か足を運ばせていただきましたが、今日は最後の受験生の親として訪問するのかと思うと感慨深いものがありました。浦和西高校合格という高い目標を持ち、ここまで努力してきたことが何より親としては嬉しく感じております。浦和西高校に巡り合えたことは娘にとって貴重な経験となりました。最後まで全力で走り切ります、本当にありがとうございました。

 

「国際バカロレアの教育手法を活用した授業」の研究授業が行われました【校長室だより】

埼玉県教育委員会による令和4年度「国際バカロレア等特色ある教育検討事業」において、本校の教員2名(英語科・数学科)が研究委員に指定され、「国際バカロレアの教育手法を活用した授業」について研究しています。

11月18日、本校において岩片教諭(数学科)による研究授業が行われました。当日は、大学教授及び教育委員会より4名の指導主事が来校し、ご指導いただきました。また、本校の教員も18名が授業を参観し「学習者主体の授業」について学びを深めました。

【参考】IBの学習の特徴は「探究型学習」です。「対話型学習」「グループワークによる協働学習」「プレゼンテーション」「問題解決・探究型学習」を行い、どこの国でもどんな言語でも即答できないトピックについて、一生懸命考えてディスカッションをし、自分の意見を深めていきます。

 

 

     

                        研究授業の様子         学び合う生徒たち          研究協議の様子       

  

*国際バカロレア(IB)について(文部科学省IB教育推進コンソーシアム事務局HPより)

 国際バカロレア機構が実施する国際的なプログラム。インターナショナルスクールの卒業生に、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保するとともに、学生の柔軟な知性の育成と国際理解教育の促進に資することを目的として発足。

 

 

 

南部高等学校等保健会 生徒保健委員研修会【校長室だより】

 11月16日(水)さいたま市産業文化センターにおいて、令和4年度南部高等学校等保健会主催「生徒保健委員研修会」が開催されました。

本校が本会の事務局を務めているため、本校保健委員の生徒5名が役員として参加し、会場準備や受付、司会などの役割を果たしました。

県南部地区の高校・特別支援学校の保健委員の生徒たちや養護教諭の先生方など約110名が集い、研修を行いました。研修会では、最近注目されている「敏感過ぎて生きづらさを抱えているHSP(ハイリ―センシティブパーソン)」について、鹿島貴幸先生よりご講演をいただきました。

各校から参加した保健委員の生徒や養護教諭の先生方は、真剣に講義に聴き入っていました。質疑応答の後、本校2年の新井君が謝辞を伝え、花束贈呈をして講演会は終了しました。参加した生徒の皆さん、本日の講演内容を今後の高校生活や人間関係に活かし、充実した高校生活を送ってください。

 

  

 

 

PTA主催 2学年「親カフェ」が開催されました【校長室だより】

11月12日(土)午後、PTA主催による第2学年保護者対象の「親カフェ」が開催されました。

約80名の保護者が集まり、まずは本校の進路指導主事より、「現在の大学入学者選抜」と題し、最新の大学入試の動向について説明をいたしました。

後半は卒業生の保護者様5名から、お子さんの高校生活や進路決定に至るまでの様子、また、ご自身の体験から「親の心構え」や「保護者の役割」などについてお話しいただきました。体験談であるだけに、どのお話も具体的で分かりやすく、2学年の保護者の皆様は真剣に聴き入っていました。とても参考になったと思います。卒業生保護者の皆様には、貴重な体験をお話いただき、ありがとうございました。

 

   進路指導主事より       卒業生の保護者様より

 

 

「焼き芋大会」(斜面林友の会主催)が行われました【校長室だより】

11月12日(土)小春日和の穏やかな天気に恵まれ、「斜面林友の会」の皆さんによる「焼き芋大会」が行われました。

本校職員やPTA役員の皆様も加わり、早朝から準備をしていただきました。

11時過ぎにはサッカー部や野球部、弓道部など、部活動を終了した生徒たちが次々と集まってきました。

生徒たちは朝から楽しみにしていたようで、あっという間になくなってしまいました。

「斜面林友の会」の皆さんが丹精に育ててきたサツマイモのほか、ジャガイモや柿、リンゴなど秋の味覚を存分に楽しみました。

私もご相伴にあずかり、とても美味しい焼き芋を堪能いたしました。

斜面林友の会の皆様、ご馳走様でした。ありがとうございました。

  

朝から楽しみに様子を見に来た生徒たち    11時過ぎには配られ始めました   美味しそうに焼き芋を頬張る生徒たち       

  

サツマイモやジャガイモ、柿、リンゴ、バナナなど丁寧に下準備をしていただきました。  マシュマロも人気でした

 

校舎がきれいになりました(管理棟)【校長室だより】

 

7月から4か月にわたって行われていた本校管理棟外壁改修工事が終了しました。新しくきれいになった校舎をぜひ見にいらしてください。

生徒・保護者の皆様及び近隣の皆様には、長期間にわたりご協力をいただきましてありがとうございました。

 

 ⇒  ⇒ 

      工事中                            足場が撤去されきれいな校舎が顔を出しました。

 

 生徒用昇降口もきれいになりました